Menu

石川の介護求人で後悔しない為に

石川県では在宅医療及び在宅介護に力を入れています。このこと自体は国の方針であり、問題は無いことです。しかしながら、石川県では在宅での介護では注意を要する点があります。特に冬場の在宅介護に関しては、要介護者の自宅にて介護サービス提供には、自動車が必要不可欠です。しかも降雪などにより道路状態がよくないことも多くあります。そのため、太平洋側と比較して時間の段取りをよく考えないといけません。時間通りに介護サービスの提供を行うためには、早めに赴くなどの時間への対策が必須です。このことは通所介護すなわちデイサービスなどでも同様のことが言えます。利用者の自宅までの送迎も含まれていますから、早めに利用者宅に赴けるよう段取りをよくしておくことが必須です。こうした視点を持った求人となることに、留意を要します。

自動車運転免許は持っておいた方が良いです

介護求人であっても、特に在宅介護の場合にあっては、自動車運転免許を保有する人を優先的に採用する傾向が見られます。また、施設系であっても送迎を任される場合があるため、介護求人等の情報で明記がされていなくても、自動車運転免許を持っていることが前提と考えておく方がよいです。石川では特に冬場の降雪の問題があります。降雪だけではなく路面凍結もある話しですので、この地域にて自動車運転に慣れていることもアピールポイントとして確認をすることになるでしょう。介護求人であっても、施設在宅問わず、移動手段が必須です。そのため、介護に関する資格以外にもこうした自動車運転免許や、安全運転さらに降雪時の運転に慣れているかどうかなどもしっかりと確認をしておくことが大事と言えます。

自動車運転以外での資格の有無などはよく確認をしましょう

介護求人の場合、石川県でも他の都道府県であっても、資格を求められる場合が多いです。この資格では、サービス提供が出来ないなどのミスマッチの可能性があるためです。自動車運転及び介護に必要な資格について明記されている場合が多くあります。その場合は、その資格が無ければ採用はまずされないとみた方が良いでしょう。ただし、施設の場合やこれから事業拡大を図ろうとしている場合の介護求人では、方針変更がなされる場合がよくあることから、自らの有するスキルでは介護求人に応募出来るかどうかを尋ねてみることは有益です。ちょっと合っていなくても、そのスキルから発展してより難易度が高い資格を目指すのであれば採用する、ということがしばしばあります。そのため、介護求人で求めている資格でなくても尋ねてみることは、やってみて損はありません。